忍者のようにすばしこい猫、だから名前はサスケ。縦横無尽に闊歩する忍者キャット顛末記。


by sasukethecat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

忍者の里を離れる。

ボクの決心を、忍者の里の長老たちは快く受け入れてくれたよ。
ちょっと涙がでた。
でも、行かなきゃ。
救えるのは、ボクしかいないんだもの。
最後に別れのあいさつ。忍者の里の長老とかたい握手をかわした。
f0159738_0443987.jpg

[PR]
# by sasukethecat | 2008-04-19 00:53 | 忍者の里からFrom country

どうにも落ち着かぬ。

毛づくろいしてみても、心は落ち着かない。
ボクのヒゲは、いつも何かの電波を受けてぴくぴくしている。
f0159738_0194056.jpg


あるとき、決心した。
彼女を助けに行かなければならない。
あのダメダメ人間を更生してやらねば!
f0159738_0265434.jpg

[PR]
# by sasukethecat | 2008-04-19 00:28 | 忍者の里からFrom country

ボクは考えた。

ボクは考えていた。
f0159738_23531738.jpg

まいにち、毎日、考えていた。
f0159738_2354191.jpg

あーでもない。
f0159738_23553817.jpgこーでもない、と毎日。
f0159738_23561915.jpg
f0159738_23564695.jpg右を向いても、左を向いても気になる。何をかといえば、あいつのことだ。


どうにもダメな娘っこが、SOSを送っている。ボクの耳はピクピクっとなった。
[PR]
# by sasukethecat | 2008-04-19 00:11 | 忍者の里からFrom country